NEWS

2018年のシーズンを締めくくる、『ゴルフ日本シリーズJTカップ』に木下裕太が
マイナビABCチャンピオンシップ(10/25~10/28)での優勝資格で初出場をしております。

 

  

初日は4バーディー3ボギーで トータル1アンダー11位タイとまずまずの位置で終える事が出来ましたが、
2日目に入ってからはグリーンの傾斜にやられたり、ショットでもパーオン率を44%まで下げてしまう程に安定せず大きくスコアを崩す事になりました。

初日もそうでしたが、ミスをする時は必ず右に出てしまう事から筋力が落ちているのが原因だと自己分析をしています。

【年間を通しての身体作りが課題というのも今大会でみえてきた】

来シーズンからはフルで出場となるので、1月から始まる海外での試合も考えると十分な時間をどこまで作れるのかによりますが、筋力アップを重視してオフトレーニングのメニューを考えたいと思います。

来年この場所に帰って来た時に恥ずかしくない状態にしたい。
まだ残りがあります、大切な1試合なので最終日まで残り全力を振り絞って終わる様にします。

このJTカップ出場に憧れをもっていましたが、初出場を掴み取りお祭りの様な会場の雰囲気を味わったいま、
目標は『来年からも続けて出場できる様に。』と切り替わっております。

ゴルフ日本シリーズJTカップといのは、全てのプロゴルファーが目指す場所でもありますしトップの選手が集結するので注目度も高い大会です。
スポンサー様やいつも応援して下さる皆様への恩返しが出来る場所でもあるので、しっかりとアピールできる様に最終日まで頑張ります。