プロフィール

1986年・千葉県千葉市出身、高校二年の年に「関東ジュニア」で優勝。翌年には「全日本パブリック選手権」を制する。
日本大学進学後の2006年には、のじぎく兵庫国体に千葉県代表として出場、個人で1位タイの成績を残し、団体優勝に貢献
同年は「日本アマ」でベスト8に進出、2007年にはナショナルチームのメンバーにも選出される。

2007年11月にツアープレーヤーへ転向

2008年7月の長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップにてツアーデビュー
プロ転向から2年目の2009年には「トーシンチャレンジ」で優勝
QTランキング上位資格でシードを得た2017年はレギュラーツアー17試合に出場し、「日本ゴルフツアー選手権」では9位を記録
2018年も、ミズノオープン3日目に、TODAYベストスコアとなる69を記録し高い注目を浴びる。
さらなる活躍のために、日本と海外を駆け巡る日々を送る。

 

ご挨拶 ・ 2018年シーズン入り

こんにちは、木下裕太です。
僕のオフィシャルホームページにお越し頂きありがとうございます。
木下裕太を知って貰い、様々な情報を発信して皆様と交流を深める場にしたいと思っております。

《2017年の振り返り・・・》

2016年のQTランキングで18位に入り、ランク上位資格で2017年はレギュラーツアーに17試合出場する事が出来ました。
その中で2017年6月に開催された【日本ゴルフツアー選手権】では、初日の貯金を活かす事ができトータル2アンダーの9位タイで終える事ができました。
68(-3) ・ 74(+3) ・ 71(0) ・ 69(-2) TOTAL(-2)
もちろんツアー優勝を目標にしているので満足はしていませんが、宍戸ヒルズの難しいセッティングの中で9位に入れたのは自分のゴルフがツアーでも戦えるという手応えを感じる事ができた試合です。
ただ昨年については初の賞金シード獲得へあと一歩のところまで詰め寄る事ができましたが、わずかに足らず苦い思いを味わいました。
原因は9月の4試合で集中力を欠いてしまったのが原因で、そこをどう修正するかに結論着きました。

《2018年では・・・》

今年(2018年)は、(株)REWorksとマネジメント契約を結び、現在主戦場といているレギュラーツアーで賞金シードを取れる様に100%ゴルフに集中できる環境を整えて挑んでおります。
昨年苦い思いをしたのを活かして自分でも色々と修正を加える事ができているので、ゴルフが楽になりましたし結果を出せる手応えもあるので今シーズンはすごく楽しみです。
後援会会員の皆様やいつも応援してくれている皆様に【優勝】という最高の恩返しができる様に頑張りたいと思います。
身近に木下裕太を感じて貰い、ゴルフを通じて皆様の輪が広がる様にイベントも行っていきますのでご期待下さい。

©  木下裕太オフィシャルサイト All Rights Reserved.
PAGE TOP